読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

できる気がしてきた。

Githubな活動記録を公開してます

emacs xwidget-webkit-browse-urlをつかってみた。

皆さんこんばんは。 2日前にAtomへの愚痴を書いたわけですが、そこでウェブ開発のプレビューについてemacsでなんか良い方法を載せると宣言してしまったので、早速ネタを準備してまいりました。

開発版Emacsをインストール

  1. git clone --depth 1 git://github.com/emacs-mirror/emacs
  2. ./autogen
  3. ./autogen git
  4. ./configure --with-xwidgets
  5. make -j10
  6. make install

これで準備できました。 ここでのコツは最近masterにマージされた--with-xwidgetsオプションです。

試してみる。

こいつ自体は前から別ブランチで開発されていたのですが、僕の予想に反してマージされました。とにかく恐ろしいオプションです。まぁ、とりあえず見てみてください。f:id:ta2gch:20160216232857g:plain

どうですか? こいつ、なんとemacs内でWebkitを動かしてるんですぜ。

大変キモい機能ですがこいつがemacs 25.1より標準になるそうです… Emacsはどこを目指しているのでしょうか?

そのうちEmacsにノベルゲームエンジンを搭載s... あった。

Emacsに音楽機能を搭載s... あった。

Emacsってなんなんだ(哲学)

結論

というわけで、こいつを使えば、markdownだろうが、pandoc等を使ってコンパイルするなりして、Webkit上でみることができますね!

え、そこまでしなくてもbrowse-urlで十分だろう? 確かに。でも Emacs上で見たいんです!!!

補足

  • ubuntu上ではemacsの標準の依存パッケージ以外にlibwebkitgtk-3.0-devが必要でした。
  • EmacsなのにVimっぽい操作なのはEvilを動かしているからです。
  • color-themeはgithub.comです。