読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

できる気がしてきた。

Githubな活動記録を公開してます

Linuxbrew が新しくなってる

久しぶりにLinuxbrewのGithubを見てみたら、 今まで使っていた linuxbrewはlinuxbrew-legacyにとなり、 新しくFormulaを管理するリポジトリbrew本体のコードを管理するリポジトリに 分割されていた。

それに加え依存するソフトウェアも随分削られて

sudo apt-get install build-essential curl git python-setuptools ruby

のみの依存関係になっていた。

では、今まで依存していたソフトウェアはどうしているのかというと、どうも bintrayで自前で事前にコンパイルしたバイナリパッケージを使っているみたいである。

curlとgitはおそらく証明書の都合で事前インストールが必要なのだろう。 しかしpython-setuptoolsがシステムに必要なのかわからない。

とりあえず、インストール時の待ち時間がbintrayにより短縮されたのは何よりである。

余談だが、どうやったらmake_jobsを設定できるのか調べてみたら、HOMEBREW_MAKE_JOBSを環境変数として設定することでできるらしい。

Non-root package manager好きとしては、Linuxbrewは今後も要注目なソフトウェアである。